« ムゲンプチプチ | トップページ | 病気募集してます »

糖尿病

糖尿病・・・割と身近に感じられ、尚且つよく聞く疾患ではないでしょうか?

ですが糖尿病って何?って聞かれると「糖類の取り過ぎ?」「尿に糖が入ってる?」「体に悪い?」くらいが一般的な見識だと思います。

今回は糖尿病の症状や怖さについて記したいと思います。

まず糖尿病には大きく分けて2種類あります。

「1型糖尿病」「2型糖尿病」

1型糖尿病とはインスリンというホルモンが足りなくなって起こる糖尿病です。こちらは小児に多い糖尿病です。

2型糖尿病とはインスリンの機能低下や量の不足によって起こる糖尿病で生活習慣が大きく関係してくる糖尿病です。おそらく一般に言われる糖尿病とはこちらを示す場合がほとんどだと思われます。

糖尿病自体は血糖が高くなったり、尿中に糖が排出されたりとあまり害にはなりませんが、本当に恐ろしいのは合併症です。

少し紹介してみると、

「糖尿病性昏睡」・・・高血糖の為昏睡状態となる。

糖尿病性網膜症」・・・網膜症を起こし、失明する場合もある

「糖尿病性腎症」・・・ネフローゼ、尿毒症、腎不全などになり、人工透析などが必要になってくる

他にも皮膚などにも合併症が起こったりします。

私が実際患者様に触れて一番見るのが辛かったのは足が壊疽している方でした。服が擦れるだけでも激痛を要し、そのままでは全身が壊疽してしまうので切断ということでした。

このように糖尿病とは怖い疾患なので糖尿病予備軍と言われている人は気をつけた方がいいと思います。

早いうちなら食事療法や運動療法なども楽だと思われますし、インスリンによる薬物療法などもあるのでご自分の糖尿病に合わせてお医者様と相談して決めるのが一番だと思います。

最後に友人などを糖尿病等とからかう方もいらっしゃるかもしれません。ですが、ステロイドなどの薬物により望まない糖尿病でいる方もいることを忘れないでください。

糖尿病治療ガイド〈2006‐2007〉 糖尿病治療ガイド〈2006‐2007〉

著者:日本糖尿病学会
販売元:文光堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

糖尿病とたたかう―専門医が書いた最先端の治療法と知識 (ベスト新書) 糖尿病とたたかう―専門医が書いた最先端の治療法と知識 (ベスト新書)

著者:二宮 陸雄,高崎 千穂
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ムゲンプチプチ | トップページ | 病気募集してます »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473158/8214271

この記事へのトラックバック一覧です: 糖尿病:

» 糖尿病と合併症の怖さ [糖尿病 自分は大丈夫ですか?]
糖尿病の合併症は大変多くあります。しかし糖尿病の危険なところは自覚症状がなかなか現れないところなのですよね。この糖尿病から心筋梗塞にもつながるわけです。身内のことになりますが、心筋梗塞という合併症になる前の話です。買い物の途中で倒れた!という話しを聞いたことがありました。長い間、糖尿病を患っていたこともあって、血糖値のコントロールがうまく出来ない状態なのですよね。高血糖という症状が長い間続�... [続きを読む]

受信: 2007年10月23日 (火) 16時41分

» 糖尿病と子供 [糖尿病予防と付き合い方]
大人の病気と言われている糖尿病。子供にも発症すると、子供にも増えてきていると耳にしたことはないでしょうか?実は1990年代ころまでは、子供の糖尿病といえば1型糖尿病が大半だったようです。しかし現代では2型糖尿病が急速に増えているといいますよ。子供にも2型糖尿病が増えてきているのですね。1型糖尿病と2型糖尿病の違いは、すい臓から作り出されているインシュリンというホルモンの分泌具合によるわけ方な�... [続きを読む]

受信: 2007年10月23日 (火) 23時18分

» 糖尿病の遺伝・症状の特徴について [糖尿病 合併症を避ける]
現代病とも言われる糖尿病。身内での発生が多いように思いますが、遺伝は関係するのでしょうか?大きく分けて糖尿病と言うと「1型糖尿病」と「2型糖尿病」に別れます。1型糖尿病はインシュリンを作り出す力がないため、インシュリン治療を必要とします。2型糖尿病はインシュリンの分泌が少なくなり、インシュリンを作り出す力が弱くなる糖尿病ですよね。ここで遺伝ですが、昔は「1型糖尿病」が遺伝では?と言われて思われていたようで�... [続きを読む]

受信: 2007年10月24日 (水) 22時29分

» 糖尿病性網膜症症状と治療時期 [糖尿病 自分は大丈夫ですか?]
なんと言っても糖尿病性網膜症の怖いところは、目が痛む、かゆい、かすむなどの自分での自覚がない、疲れているのかな?位の判断をしてしまい、進行・発症と進んでしまうところだと思います。昔、勤めていた広告代理店の社長さんは、なんの前触れも感じさせていなかったのに、視力を失ってしまったのです。すぐに病院でレーザーによる治療をして、車を運転が可能なくらいの視力まで回復させました。もともとウエイトリフテ�... [続きを読む]

受信: 2007年10月27日 (土) 10時24分

» 糖尿病:合併症と妊婦さんの懸念 [糖尿病を本気で治す]
もともと糖尿病自体がさまざまな合併症を併発します。通常の体でもいろいろな問題が起きますが、これが妊婦さんとなると、母親の体になんらかの異変が生じることになります。気のせいなんてほって置くのは大問題です。糖尿病性網膜症が進行して視力に異常をもたらし、糖尿病性高血圧症候群が考えられるまま子供を産むと、子供自体が巨大化したり、早熟児に考えられる奇形児、胎児が死んでしまうと言うこともあるのです。もともとの糖尿病に対する一般的な考え方... [続きを読む]

受信: 2007年10月27日 (土) 19時02分

» 糖尿病の初期症状あれこれ [糖尿病 合併症を避ける]
「これは糖尿病だ」と分かることは初期の段階ではほとんどないと言えます。自分自身で判断できないため、そのままにしておいてしまうことも多いようです。そのため、糖尿病の合併症になって気が付くことが多いのですね。網膜症や腎症、神経への障害がその例です。糖尿病にかかると、完治は難しく、長い時間いろいろな制限が出てきます。もしかしたら糖尿病にかかっている?という判断を早めに出来るように、例をあげまし... [続きを読む]

受信: 2007年10月27日 (土) 22時21分

« ムゲンプチプチ | トップページ | 病気募集してます »